LOVE ggg ラブジー 2018年10月号


表紙は岩本紗也加サン。
今流行りのグレンチェックだけど、GYDAのビスチェを直に身につけてる感じがセクシーだね。
グレンチェックってどことなくオジっぽい雰囲気があるんだけど、セクシーさの方に振るとアンバランスさがいい雰囲気を醸してる。
それとワイドパンツとのアンバランスさも絶妙なバランスだと感心。
撮影場所もなかなかいい所だよね。

見出しは“ファッションだけじゃない メイクも遊びもオシャレって言わせたい♥ Enjoy Now!!”
これは見出しの特集が無いパターン。
いわゆる“雰囲気見出し”。
でも、ラブジーのテイストに合った軽さが良い。
こういうセンスに統一感があるファッション誌は伸びるよ。
ラブジーの表紙は毎号、パワーを感じるんだよね。
少しずつラブジー置いてるコンビニも増えてるし、この勢いで長く続いて欲しいデス。

[2018/08/17 01:12 ] | LOVE ggg |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2018年10月号


表紙は今月も柴田紗希サンのピン。
また戻ってきてる感じするね。
ただこの姿勢はどうにかならないのかなぁ?
こういうポーズで撮れちゃうことがあってもいいけど、表紙に選ぶことなくない?
ひょっとして何かのメッセージ性があるの?
秋のイメージ?

見出しは“季節の変わり目こそ“半歩先”行くわたしでいたい 夏の飽きコーデをときめき秋コーデに変える1テク”
やっぱり表紙の柴田紗希サンのダルそうな感じは“飽きコーデ”のイメージなんじゃないかな?
でも、絶対ほかのファッション誌に慣れてる人がこの表紙見たらびっくりすると思うな。
“飽きコーデ”を“秋コーデ”にってダジャレ?
本当に今月号どうしたの?って感じだよ。
実際のところ、そろそろ暑さもピークを過ぎて、1枚上に羽織るものが欲しいなって思ってたところだよ。
涼しげで、暑すぎず寒すぎずのいい感じなブラウスとか見つかるといいな。

綴込付録は“今いちばんの憧れ顔 色素薄い系女子になれる魔法のMAKE-UP LESSON”
個人的にも色素薄い系は好きだな。
mer系のファッションは顔立ち薄い方が合ってるよね。
自分自身の顔立ちで合うファッションと合わないファッションの方向ってある程度決まっちゃうよね。
でも、憧れのファッションはだいたい自分の似合わないものだったり。
鼻の低い人は高い方が絶対イイって思いがちだけど、鼻の高い外国人はロリータファッションが似合う鼻の低さに憧れたり。
好きなファッションが自分に合うのだったら、そんな幸せなことはないね。
もし、違うなら、そのギャップを埋めるのがメイクなんじゃないかと思うよ。
そういう意味では、顔立ち薄い方がメイク盛れるから少し有利な気がするよ。

[2018/08/17 00:48 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mini [SEPTEMBER 2018]


表紙は本田翼サン。
リーの青いパンツかわいい。
このゆるめのシルエットいいなぁ。

miniは2年以上ぶりに買ったよ。
目的は特別付録の“ディッキーズ特製 ファスナー&内ポケ付き ヒッコリートートBAG”


ヒッコリーストライプが大好きなんだよね。
これまで、miniについてるディッキーズの付録は全部持ってるし、大切に使ってるよ。
もう2年も付録にならなかったから、もう無いと思ってたけど、トートバッグなんて最高!!
もう一冊買っておこうか迷うレベル。
でも、実際に使うのは、本屋とかコンビニから今月号が無くなってからかな。
付録ってモロバレかもって精神的な負担が大きい。
本当は数ヶ月とか数年寝かせたいレベル。
これまでのポーチとかがまぐちとかなら外に出す機会は少ないからいいけど、トートバッグはなぁ。
すぐに使いたい気持ちも大きいんだけどね。

見出しは“今すぐ買いたい新作!!!!スニーカー&コスメ!!”
表紙の本田翼サンもスニーカーを見せてるポーズだね。
アシックスのスニーカーが新幹線ぽくてイイ!!
よく見ると、ソックスもアシックスタイガーので、こういう細かいところでブランド揃えてるのはレベル高い。
なんでスニーカーとコスメ?って思って読んでみたらminiっこの欲しいものその1とその2だって。
自由だね~。

[2018/08/01 00:49 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム| 次のページ>>