mer 2017年7月号


表紙は柴田紗希サン。
もうすっかりmerの表紙が定位置だね。
それにしても気づけば前とは全然好みのテイストが変わってるよね。
ちょっとイイ女風。
ファンっていうのは変化についていくのが楽しいのか、ファンが変化を求めているのかどっちなんだろう?
きっと、前のゆるいアジアンテイストのワンピースが好きだったファンもいるんだろうな。

見出しは“色のオシャレを完全マスター!!大好きな白でかわいいを更新”
膨張色だし、紫外線を反射するから絶対に敬遠するコもいるだろうけど、湿度の高い日には白を着て、気持ちだけでもサッパリさせたいことってあるよ。
白を着てるとココロまでキレイになった気分になれるし。
汚さないよう1日緊張感を持って過ごす。

今月は超豪華2大付録って書いてあって、何かと思ったらどちらも冊子。
1つは綴込付録“くつした参考書”
くつしたは難しいからねぇ、こういうのがあるといいカモしれない。

もう1つは別冊付録“ショップスタッフ、イラストレーター、カメラマン…モデル、インスタグラマーの間で話題になった女のコたち☆自分プロデュースのヒント満載!Fashionista BOOK ファッショニスタ30選”

インスタグラムのアカウントが30人分載ってるんだけど、せめてQRコードくらい作って載せておいてくれてもいいかなと思った。
文字をスキャンするのも入力するのもなにげに面倒だからね。
今は、誰でもネットを使う時代だから、ネットに寄せていきたいっていう気持ちはわかるけど、やっぱりファッション誌とネットって相性悪いところがどうしてもあるよね。
紙媒体はある時期を保存できるのがいいところなんだけど、今紹介してるインスタグラマー達30人の中で、1年後、5年後、10年後に読み返したときにどれだけの人のアカウントが残ってるんだろう?
2017年5月にこういう人達がいたっていう情報以上に残るものってあるのかな?

[2017/05/17 00:02 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年6月号


表紙は荒井愛花サン、辻千恵サン、柴田紗希サン、村田倫子サン、阿部朱梨サン。
やっぱりセンターは柴田紗希サンだね。
merは4周年で「4周年4月4都市 みんなに会いに行きますツアー」を開催するんだけど、

4周年目のmerのエースはこの5人ってことかな?
5周年目のmerはどんな風になってるかな?
まずは続いてることを祈るよ。

見出しは“ヘビロテ服を完璧にしたら、“少ない服”でオシャレが叶う!!今よりもっと!いつも着る服 かわいい化宣言 最強7着の着まわしワードローブ”
ワードローブってのは“その人の持っている衣装または衣装の組み合わせのこと”。
もともとは衣装たんすや衣装部屋のことだけど、クローゼットに7着しかないのもさみしいかな?
それで新しい服が欲しくなって、衝動買いしちゃうと、どの服にも合わなくて結局着ないとかあるから、服を追加するときにはコーデを考えて増やしていかないとね。
ただ、コーデのことだけ考えると、同じテイストの服ばっかり増えるのが悩みどころだよね。
2つくらいは自分のテイストを持ってるといいのかなって思うよ。

綴込付録は“merモデルのALL私服スタメンクローゼット”って表紙には書いてあるけど、実際は“all 私服 セルフスタイリング merモデルのヘビロテ厳選スタメン服発表♪厳選ワードローブで春の輝くコーディネート計画”
見出しが表紙と中身とで違うのはなんなんだろうね?
どっちが正解かわかんないよ。
今月号にワードローブとかクローゼットとかの単語が多いのは、そろそろ暖かくなって冬物と入れ替えをしないといけないからかな?
急に冬物着られないくらい暖かくなったよ。
merの提案通りワンシーズン過ごしてみるのも面白いかなぁ?

[2017/04/17 00:14 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年5月号


表紙は柴田紗希サンと村田倫子サン。
柴田紗希サンはしばさきからまた元に戻した?
理由はなんなんだろうね?
最初に思いついたのは、検索しづらいのかな?って思ったんだけど、“しばさき”で検索しても一番上に出てたから問題なかったよね。
同姓同名の人が多いとか、一般名詞の芸名とかの場合だと、検索してもなかなか出てこないことあるから、名前で売ってる人はあんまりカブらない名前つけたほうがいいよ。
柴田紗希サンは4月13日に“柴田紗希”ってタイトルの本を出版するから、それに合わせて大人っぽいイメージに転向したいとかそんなところじゃないかなぁ?
どうなんだろう?

見出しは“コレ買い!!ボーイッシュもガーリーも両方叶える服”
そんな服あるのかなぁ?と特集のページをチラッと見てみたら、着回しで叶えるみたいだよ☆
いろんなテイストを作れるのはいいんだけど、ボーイッシュもガーリーもどちらも似合う人がどれだけいるかってトコだよね。
普段、ボーイッシュなコーデの人はガーリー着ないだろうし、ガーリー着る人はボーイッシュなコーデに憧れないだろうし。
相当自由なファッションができるおしゃれ上級者だよね。
テイストの違う服を買っちゃうと、たいていはどの服とも合わせられなくて結局着ないということが多い。
でも、テイスト固めちゃうと同じような服ばっかりでものすごくファッションの幅が狭くなるのも事実。
この特集を見ながら、別のテイストにも応用することを考えて、これから買う服を決めるっていうのはあってもいいと思う。

綴込付録は“朝10分で人生変わる!キラキラ女子のルーティーン”
朝10分ってキツいなぁ~と真っ先に思ったケド、ページの最初に“忙しい”は言い訳にしない!!って書かれてて、ドキっとしたよ。
は~い、がんばりま~す♥

[2017/03/17 00:30 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年4月号


表紙は辻千恵サン、しばさきサン、村田倫子サン。
merは4周年だって!!
4周年って、4周年目に突入(3年間)なのか、4年間なのかわからないこと多いよね。
調べたらmerは“古着MIXガールズ”が2013年4月号からリニューアルして始まったんだよね。
懐かしいなぁ。
リニューアルとか休刊が相次ぎ始めた頃だったのに、よく続いてると思うよ。
やっぱり読者との距離の近さと人気の高いモデルを確保できてることがいいんだと思うな。
人気モデルが1人卒業するだけで大きく落ち込む危うさもあるけど、このままいつまでも続いてくれることを祈りマス。

見出しは“2017年春トレンドは今まで見たことのないドキドキのかわいさ♡♡♡ 新しい服で新しい自分へ 春、見違える珠玉の10着 着まわし宣言 わたし史上最高!!かわいい♡”
長~い、ガンバったね。
もう春一番が吹くくらいあったかい日もあるから、もう春物着てもいいんじゃないかと思うよ。
日が暮れると寒くなるから加減がむずかしいとこだけど。
それにまだ2月なんだよね。
2月って一番寒いんじゃないの??
また寒い日も来るよね。
冬物と春物を出しておかないといけないから部屋が大変なことになってるよ。
早く寒いかあったかいかどっちかに決めてほしいところ。

Happy Anniversary 綴込付録は“春トレンドメイク最前線 かわいい キレイ 大人っぽい 全部叶える!!自分が変わる!!MAKE UP ピンク革命”
ピンクも奥が深いから、甘いばっかりじゃないもんね。
オトナなピンク、かわいいピンク、いろいろ持ってるといいよね。

[2017/02/17 00:13 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年3月号


表紙はしばさきサン。
しばさきサンはもうメルに欠かせないモデルさんになったね。
初めてしばさきサンを見た頃はゆるいワンピースが多かったと思うけど、今はいつの間にか年齢や収入に合ったコーデに変わってきてる。
垢抜けて洗練されてきてるのはいいことなんだろうけど、もっと身近に感じられていた時も良かったなぁと淋しく感じてみたり…。
でも、表紙で着てるワンピースは相変わらず古着なんだよ。
ベルトもしまむらだし、靴下も靴下屋だから、決して高級品を身につけてるワケじゃないんだけどね。
柄が大人な感じではあるけれど。
テイストって少しずつ変わっていくものなのかな?

見出しは“チームmer ALLスターモデルズ集結 20代憧れのステキ女子へ “モデル流”オシャレ全部見せ!!”
“20代憧れのステキ女子”って具体的には誰みたいなのを言うんだろうね?
“憧れのmerモデルへ”ならタカハシマイさんだなぁ。
今月号もサラッと見ただけでも何着かタカハシマイさんのコーデに目が留まったよ。
やたらと身長が書かれてるけど、これって前から?
タカハシマイさんは165cm。
スラっとしてるから170cmくらいだと思ってた!!
プロポーションって大事。
身長書いてあるといろいろ参考にしやすいよね。

綴込付録は“かわいいはおうちで作る!睡眠 お風呂 スキンケアetc.憧れ女子のおうち美容”
おうちにいる時間がイチバン長いから、おうちでできることはおうちでやりたいね。

[2017/01/17 00:43 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム| 次のページ>>