mer 2017年12月号


表紙は柴田紗希サンと辻千恵サン。
今月号merのロゴとか背表紙が深緑色だから、雰囲気が違う。
いつもは濃いとか薄いとかあってもピンク系だったから、意外な試み。
これからはいろんなカラーリングになるのか、今月号だけ、もしくは冬の間は落ち着いたカラーになるのかどっちなんだろう?
個人的にはいろんなカラーのmerがあってもいいと思う。
柴田紗希サンのビッグシルエットなニットかわいいなぁと思って調べてみたら古着だって。
表紙で古着が許されるファッション誌はmerくらいじゃないかな?
もともとmerへのリニューアル前は“古着MIXガールズ”だったから、その精神は今でも引き継がれてるんだろうね。
でも、欲しくても買えないっていうのはもどかしいところだよね。

見出しは““トレンド”も“私らしさ”も叶えてくれる最愛の味方 着まわせるニット一着でおしゃれ劇的映え”
今週はずっと雨で、いきなり冬の気候だから、ニット引っ張りださないといけなくなったけど、コーデのスケジュールが狂うから、新しいニットも買わないと。
まさかmerも発売する週に激寒になるとは思ってなかっただろうけど、ベストなタイミングでの特集は持ってるって感じするよね。
古着屋さん行ったら柴田紗希サンが着てるようなニット見つかるかな?

綴込付録は表紙では“私をキラキラ輝かせてくれた運命の1着はコレ!!モデル・インスタグラマー・ファッション業界人が選んだ超ヘビロテ服#絶対買い”、目次では“古着、プチプラ、LOVEブランド“一枚で即オシャレ”なイチ推しをモデルが公開!!#かわいすぎ 運命のヘビロテ服”って特集。
統一感が全く無くて同じ記事とは思えないから、ちゃんと揃えてほしいよね。
だけど、この特集自体はとっても良記事。
表紙に“●表記アイテムはすべてモデルの私物となります。価格はモデルの申告によるものです。”って書かれてるところに好感が持てる。
つまり、この綴込付録の部分はブランドの影響が及ばない、モデル発信コーナーって見方もできるよね。
本当の私服・私物ってことだから、好きなモデルさんとかがいたら最高だね。
大好きなタカハシマイさんも1ページあるから嬉しいよ!!
よく見て研究しよっと。

[2017/10/17 00:55 ] | mer |コメント(1)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年11月号


表紙は村田倫子サン、柴田紗希サン、辻千恵サン。
いつもの雰囲気過ぎて、買おうとする時にコレって最新号?って一瞬迷ったよ…。
そろそろ表紙の感じを新しくしないと、同じような人が続出してる気もする。
肌の色と同系統だからよく見ないとわからないけど、辻千恵サンがかけてるカオリノモリの丸眼鏡よさそう。
今、丸眼鏡欲しいなぁって思ってるところなんだ。
よく見たら、3人とも同じ柄のアイテムを身に付けてる。
ユニクロイネス・ド・ラ・フレサンジュコラボのだった。
千鳥格子の時みたいに流行るかな?

見出しは“絶対買い!!の最旬トレンド服厳選しました!! #6か月着まわしできる秋最強コーデ決定版”
6か月着まわしできるってなかなかだね。
学校の制服じゃないんだから。
ファッション誌的には服を買ってほしいのか、同じ服を長く着まわししてほしいのかどっちなんだろうね?
ファッション誌買う層はもうちょっと服買えるんじゃないかなぁ?って思うよ。
それとも、服を買うお金を節約させてあげるからmer買ってねってことなのかな?
実際は次のmerが発売するまでの1か月~2か月着まわしできるくらいでいいよね。

綴込付録は“もっともっと秋小物で第一印象ほっこり女子♡”
小物はいいよね~。
ネット通販よりも、実際にお店で見たりするのがいい。
そろそろお店めぐりするのにもいい気候だし。
台風とか雨とか無い日なら最高!!
3連休は台風来てるから外に出られなそうだけど…。

[2017/09/16 00:23 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年10月号


表紙は柴田紗希サン。
連続表紙継続中。
今回は単独表紙で、その人気の高さが伺えるね。
mer的にこれほどちょうど良いモデルさんはいないよね。
多分、mer知らない人からしたら、なんでこの人が表紙やってんの!?って驚くこともあるんじゃないかな?
知らない世界で人気の高い人っていっぱいいるよね。
きっと傍から見ればなんで?!ってことはいっぱいあるんだよ。
ミリオンセラーでもたった100万部。
ワンピースが1億部。
聖書は4000億部。
それでも知らない人は全く知らないだろうし、知ってる人は本当によく知ってる。
ファッションなんかも流行してるとか言われてても、ごく一部でしか知られていないなんてこと本当に多い。
1万人くらいの間でトレンドになってたら、きっと大ブームって言われちゃうんだろうな。
日本の人口から見たら0.01%くらいのものが大ブームって言われるのも変な感じだよね。
そう考えると、シッョプなんかは何人くらいファンがいれば成り立つんだろう?
1店舗1000人くらい?
ちょっと多い気がする。
実際300人もいれば多いんじゃないかなぁ?
でも、毎月300人だと1日10人しかいないんだよね。
人数よりもいっぱい買ってくれるお客さんがいるかどうかのほうが大きい気もする。
棚全部買ってくれるようなお客さんが来店される時は、お客さんがいても店閉めて貸し切りにするって話聞いたこともあるし。
いつ行っても混んでるユニクロはスゴいね。

見出しは“暑い今から秋まで、ず~っと着まわせる!!流行先取り服“コレ買い!”LIST”
今年の夏は暑くなるって言ってたのに全然だったね。
雑誌は涼しい夏になっても修正できないから大変。
実際は夏がどんなに暑くなったって、室内は寒いから、夏にずっと外にいるコーデの出番ってあんまりないよね。
温度変化が激しいから長袖着ることも多くて、季節感出すには色が重要だなと感じるこの頃。
表紙の柴田紗希サンも秋らしいカラーだなぁと思うよ。
これからはこれまで以上に色使いが重要になる気がする。

[2017/08/17 00:30 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年9月号


表紙は三戸なつめサンと柴田紗希サン。
このコンビ安心する~。
まだ2人が有名になる前は、なにかと一緒に撮影することが多かったと思ったけど、こうやって2人で表紙を飾るのはずいぶん久しぶりな気がするよ。
もっと奇抜な着こなしをしていた頃と比べて、今は落ち着いたように見えなくもないけど、よく見るとやっぱり2人ともトンガッた部分を残してるよね。
より洗練されて、上級者になっただけだね。
一体、どこで見つけてるんだろうと調べてみると、三戸サンのワンピースなんかはイーハイフンだったりするから、スゴいの一言デス。
三戸サンはイーハイフンのコラボもやってるから当然といえば当然だよね。
5年後、10年後にはどんなコーデにハマってるのか楽しみじゃない?

見出しは“全国選抜ファッショニスタ ファッション メイク ヘアアレ 最新おしゃれ全部”
mer三戸サンや柴田紗希サンみたいなブレイクしそうな原石をどんどん発掘していかないと!
それがmerの強みだよね。
今はSNSで簡単に発信ができるから、みんなに知れ渡る前に発見するのは難しくなってると思うけど、導かれるように出会って、ブレイクするコはまだまだ出てくると思うなぁ。

総力特集として“おしゃれな人の差がつくお団子ヘア”ってのもあるよ。
柴田紗希サンはお団子似合うよね。
前髪切りすぎた三戸サンはあまりお団子のイメージはないかもだけど、実は結構カワイイよ。

もう毎日暑いから、お団子ヘアはマスターしたい!!

[2017/07/15 00:33 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年8月号


表紙は村田倫子サン、柴田紗希サン、辻知恵サン。
村田倫子サン「女性らしく着られるレースブラウスがわたしにとって1番の似合う服。ゆるデニムと合わせて、ほど良いレディに仕上げました」。
柴田紗希サン「刺繍の繊細な雰囲気が昔から好き。シンプルな合わせでも、女性らしさと個性を出してくれます」。

辻知恵サン「ボーダーにデニムを合わせたナチュラルスタイルがわたしの鉄板。夏はカラフルボーダーを取り入れて元気コーデにも挑戦したいな」。
表紙のコーデにモデルがコメントするのってすっごくいいよね。
ほかのところでもぜひやって欲しいデス。

見出しは“「自分に似合う」服とメイク MY BESTを更新”
自分に似合うモノっていろいろ試して辿り着くか、センスのある人に教えてもらうのがほとんどだと思う。
自分のことを客観的に、正確にとらえるのはなかなか難しいけど、merのモデルさんたちは自分のことをよくわかってるなぁ~ってうらやましく思う。
自分のスタイルを確立しつつ、自由であるのが理想。
メイクももっとうまくなりたいっ!!

綴込付録は“浴衣も水着も体型カバーも完全公約宣言☆夏が似合う女子になる方法”
夏のいろんなシーンのコーデが載ってるから、この夏のヒントがあるかもね。

あと、“自分に似合う色がわかる!!カラー診断シート”もついてるよ。
自分に似合う色を知ってれば、お買い物のときにも役立つね♡

[2017/06/17 00:23 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム| 次のページ>>