melt KAWAII FASHION BOOK 00


本屋さんにふらっと寄ったらカワイイ表紙のムックを発見!!
付録メインのムックはあんまり買わないんだけど、表紙下のモデルさん一覧を見たら即購入決定♪
表紙は乃木坂46寺田蘭世サン。
参加モデルは阿知波妃皇サン、アリスムカイデさん、越智ゆらのサン、加藤ナナさん、楠 世蓮サン、黒瀧まりあサン、小森真理子サン、しらいサン、多屋来夢サン、深澤 翠サン、皆方由衣サン、ゆらサン、RinRin Dollサン。
創刊号はこうやって誰が掲載されているか書いてあるといいよね。
さすが宝島社はわかってる。

見出しは“わたしの運命を変えるヒロイン服 Lolita 人気ブランド最新お買物リスト”
見出しに大きく"Lolita"って書いてあってわかりやすい。
ケラ!ゴシック&ロリータバイブルが失くなってしまった現在、どういうカタチでも出版されることは嬉しい。
しかも、これまではジャンルの規模的にゴシックとロリータが一緒にされることが多かったんだけど、meltはロリータ中心!
こういうのを待ってた☆ミ
でも見てみたら、実はゴシックとストリートのページが少~しだけあった。
それぞれで出版すればいい気もするけど、やっぱり部数的な問題で難しいんだろうね。
今回、ナンバリングが00ってことはあくまでテスト的な創刊ってことなのかな?
売れたら続き出してくれるのかなぁ?
ファッションが退屈になってきてる中、このジャンルは固定ファンがいて潜在的な需要は高いと思うんだけどなぁ。
正式に継続することに期待。

本誌限定特別アイテムは“BABY,THE STARS SHINE BRIGHT いちご柄ポシェット”

本体価格のほとんどがこのアイテムの金額だけあってモノがいい。
BABY,THE STARS SHINE BRIGHTってのもイイ!!
これは使うしかない♪

[2017/07/14 10:45 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
Ane♥ひめ vol.2


表紙は小田菜乃葉サン、丹羽せいらサン、ユアサマリーさん。
創刊号と同じメンバーだね。
キッズモデルの入れ替えは激しいから、半年ぶりなのに同じメンバーっていうのは結構珍しいことだと思うよ。
Ane♥ひめって名前だから、表紙をめくって最初の特集は“新1年生 新2年生 新3年生 プリンセスみたいなJSをめざしちゃおう♥”ってので、ディズニープリンセスみたいなかわいいコーデが満載!!
こうあるべきって感じだよね~。
ただ、ふろくは“ジュエルつきおしゃれバッグ&ゆらりんイヤリング”なんだけど、イヤリングの方はちょっとやり過ぎたかなと思うよ。
ファッションページの中にもギャルっぽいファッションとかブランドが載ってて、Ane♥ひめって雰囲気に期待してた保護者からは拒否反応が出る場合も少なくないんじゃないかな?
できるだけ広いジャンルを扱いたいという気持ちもわからなくないけど、棲み分けをキチンとしないとファンを獲得はできないよ。
もちろん、Ane♥ギャルみたいなキッズギャルファッション誌があれば買うし。
ただでさえ少ないファッションページは方向性を明確にして、単一のジャンルに集中して欲しいデス。
あと、Ane♥ひめは割高なので、低価格路線のブランドも必要ないんじゃないかなぁ?

今号にもリカちゃんのシールがついてるよ♥
“ゆめみるお姫さまシリーズ リカちゃん ドレスコレクションシール”

ドレスかわいぃ~♡♡
リカちゃんは今年50周年だから、色んなところで話題になってるね。
やっぱりドールにはドレスが一番だよ。
女のコの永遠の憧れ。
お部屋いっぱいに並べて飾りたいよ。

[2017/03/31 00:43 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット ~あの頃、彼女がいたら~


見た瞬間に「買わなきゃ!」って思って買っちゃった。
AKB48が好きでも嫌いでも、服を作ろうと思っている人なら、絶対に役に立つ一冊!!
初期の頃、AKB48のステージ衣装を服飾の専門学校の学生が勉強のために作ってるって話を聞いたことあるけど、今はどうなんだろう?
人数が多いから、手伝ってたりすることはあるんだろうな。
ユニフォームのようなんだけど、個人個人のキャラクターに合わせてちょっとずつ変えてあったりするところがスゴいと思う。
それでいて、激しいダンスもあるから、動きやすさや通気性みたいな実用性も考えないといけないし、長期間使用するだろうから、強度もメンテナンスのしやすさも欠かせないだろうね。
服をデザインするときに、曲のコンセプトがあるってことはいいことだよね。
アニメのテーマソングでも映画音楽でも、元になる題材があるモノって、はっきりしない気持ちを歌う曲よりも名作が多いと思う。
服のデザインでも、機能性だけ考えても地味な服ばかりできてしまうだろうし、奇抜であることばかりを優先させてもコンセプトデザインってところにおさまってしまう。
だから、“誰が”“どんな目的で”“どんな風に”着るか明確であればあるほど、思いがけないモノができあがることってあるんじゃないかな?
AKB48 衣装図鑑 ”の帯のところにある4着の衣装なんかも、見ただけでどの曲の衣装かわかるし、MVが頭の中に流れてるよ。
曲が売れて多くの人が何度も見たからこれらの衣装が印象に残っているのか、衣装自体が傑作だから覚えているのかはわからないけど、普通に生活してるだけでは決して思いつかないモノだよね。
多分、ちゃんと全部の内容を読むのにものすごく時間がかかると思う。
メンバーごとにどう変化をつけてるのかとか比較してたりしたら、それだけで1日使っちゃうかも。
それくらい充実した内容です。

本に入りきらなかった衣装などは
http://akb48.tkj.jp/
で見られるらしいよ!!

[2017/03/25 00:35 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
spoon. January.2017/NO.116


表紙は玉城ティナさん。
前回と同じく、今回も表紙見て即買い♪
やっぱりクラウン可愛いなぁ。
でも値段見てもRoyal Crown Hatは参考商品ってなってて値段は書いてないんだよ。
自分で作ったほうが早いかな?

見出しは“Angelic Pretty 2017 Spring Collection 玉城ティナ中村里砂
玉城ティナさんと中村里砂サンそれぞれたっぷりとページを使ってAngelic Prettyの2017年春の新作を紹介してるよ。
表紙の写真みたいに基本1ページに1カットしかないから、ものすごく見ごたえがある。
1ページに詰め込めるだけ詰め込んで情報量を限界まで高くするのもいいけど、高価格帯のアイテムはゆったりした構成の方が合うよね。
じっくり時間をかけて読もうと思いマス。

[2016/12/27 00:32 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
【エテルニタ】ETERNITA


表紙は神田沙也加サン。
「ドーリー★ロリータ★クラシカル★スイート★ゴス…
オトナ乙女のためのファッションマガジン」
って書いてあったから、つい買ってきちゃったケド、まずはこれ1冊だけ発売されたみたい。
まだ読んでないけど、続編は出るのかな?
こういう系統のファッション誌が新しく出るのは良いコトです。
宝島社からロリータ系のムックが出るのは新しいんだけど、表紙の神田沙也加サンや見出しの下の方に書かれてる深澤翠サン、中村里砂サン、ゆらサン、宝野アリカさん(ALI PROJECT)、ハナエさん、阿知波妃皇サン、やのあんなサンの名前は、この手の雑誌では必ず見かけると言ってもいいよね。
もう、日本にはロリータ服とかが着られるモデルさんがほかにはいないんじゃないかって感じる。
全く無名なモデルさんばっかり集めても売れるかどうかわからないし、かといって有名な人ばっかり集めちゃうとどこかで見たことのあるような感じになっちゃうし難しいとこだよね。
でも、こだわりの強いジャンルだから、服自体に力があると思うんだ。
だから、今は無名でもこの先輝く可能性のある原石を発掘してほしい気持ちのほうが強いかな?

見出しは「大人になったアリスは何を着る?」
エテルニタの紹介文は「ロリータ服やゴシック服で育ったアリスたちは、大人になったら何を着る?レースや編み上げ、フリル、王冠などいくつになっても好きなもの。それをベースにちょっぴり大人のセレクトで、エイジレスにファッションを楽しみたい。ETERNITA(エテルニタ)は年齢を超えてスイートやドーリー系を愛する人に贈るファッションムックです。特別付録はクッション、ノートブックカバー、トートバッグなど可愛い小物が作れるAngelic Prettyのオリジナル型紙。ここでしか手に入らないレアモノです!そのほかカバーガールの神田沙也加さんをはじめ豪華ゲストモデルにも大注目。」ってなってるから、ケラ!LARMEよりちょっと上の世代をターゲットにしてるっぽい。
サッと眺めてみたけど、写真はキレイだし、オールカラーだから、どうしてもたまにしか発行できないだろうし、発行しても高くなっちゃいそう。
そういうのも含めて大人向けにしないといけなかったのカモ。

でも、1号っきりってのはザンネンだから、次号が出るのを楽しみにしてマス☆

[2016/10/06 00:32 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム| 次のページ>>