すイエんサー 「宝石をゲットしてお金もちになろう!」


前回の「黄金をゲットしてお金もちになろう!SP」に続く「お金もちになろう!」シリーズ第2弾、「宝石をゲットしてお金もちになろう!」だって!
すイエんサーガールズは西川茉佑(まゆたん)サン、谷内里早(リサ)サン、岡田帆乃佳(ほのか)サン。
翡翠みたいにゴロゴロ転がってるみたいなところがあればいいよね。
宝石だってどこかにはあるんだから、自分の家から出てくるみたいなことはないのかな?
庭から石油とか温泉とか出てくるの憧れるよね。

宝石をゲットしてお金もちになるには?



お金もちになりた~い!という願いをかなえる企画第2弾!今回は「宝石」ゲットをめざします。


まず向かったのは、、、デヴィ夫人のお宅。
実はデヴィ夫人は、宝石のコレクターでもあり、宝石について大変お詳しいとのこと。


宝石の中でも、ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、ルビーの4つは、とても価値が高く「4大宝石」とも呼ばれているそうです。


「やっぱ、ダイヤモンドがほしいよね~」と思ったけれども、デヴィ夫人によると「日本ではダイヤモンドはとれない」んですって!

ダイヤモンドは、地下150kmよりも深いところで作られ、マグマによって地上近くまで運ばれてくるので、とることができるらしい。



でも、日本では、マグマは浅いところからしか出てこないので、ダイヤモンドはとれないそうです。



※愛媛県でダイヤモンドがとれた、という記録がありますが、大きさは1000分の1mm程度と、とても小さいものだったそうです。

ダイヤモンドはムリみたい。。。残念!
そこで、インターネットで調べてみると、なんと「奈良県香芝市」でサファイヤがとれるらしい、ということがわかりました。
香芝市役所に取材をしてみると、「確かにとれる場所がある」とのこと。

すイエんサーガールズは、早速、香芝市へ。

香芝市役所の奥田さんにお話しをうかがったところ、市内の竹田川という川でサファイヤがとれるとのこと。
竹田川は、二上山(にじょうざん)という山から流れている川で、二上山は、今から1600万年前に大噴火を起こし、その時、いろいろな物質が生まれたらしいのです。

中でもたくさん生み出されたのが、宝石としても知られている「ガーネット」という石。


マグマが冷えていくとき、中ではさまざまな成分が集まって固まり、粒になるという。その一つがガーネット。




ガーネットは、紙やすりなどに使う材料としても利用できるため、かつて香芝市ではガーネットを盛んに掘り出していたそうです。
ところが60年ほど前、竹田川周辺に限っては、このガーネットだけでなく、サファイアもとれることが分かりました。

奥田さんから教えてもらった場所に行ってみると、、、そこはいたって普通の川。
本当にサファイアが見つかるのか?

奈良県庁から許可を得て撮影しました。

すイガールが川の底の砂利からサファイアを探し始めると、一部の砂が赤いことにきづきました。



石の収集家・村井さんのお話しでは、今は竹田川の周辺には田んぼが広がっているが、昔は田んぼではなく、金剛砂(こんごうしゃ(=ガーネットのこと))の採掘場だったそうで、今も川には大量のガーネットがあるという。

さらに村井さんによると、サファイアとガーネットは重さ(比重)が同じくらいなので、ガーネットがたまりやすい場所に、同じ重さのサファイアも流れつくのだそうです。



村井さんのアドバイスにしたがって、ガーネットの中を探してみると、、、
なんと、サファイアを発見!!!




表面には宝石の証、成長痕(せいちょうこん)といわれる線がいくつもはっきりと。


3人あわせて、合計で6粒のサファイアをゲットすることに成功!


※場所によっては川に入るのが禁じられている場所があります。また、雨などで増水した後は、危険ですので安全には十分気をつけて下さい。

(すイガールがゲットしたサファイアの一部を分析したところ、間違いなくサファイアであることがわかりました。)

しかし、今回すイガールがとってきたサファイアの合計金額は・・・0円。
小さすぎて加工ができないため商品としてあつかえないとのこと。

お金もちへの道は遠く険しい、、、

ルビーとかガーネットとか聞くと“ジュエルペット”シリーズ思い出す。
声優の齋藤彩夏サンが演じるルビーの声が大大大好きだったんだけど、この1年で自分の中の齋藤彩夏サンは“魔法つかいプリキュア!”のモフルンにすっかり更新されてるのに気づいて軽くショックだった。
ジュエルペット”シリーズの新作やらないかな~?

[2017/02/14 20:09 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム|