mer 2017年6月号


表紙は荒井愛花サン、辻千恵サン、柴田紗希サン、村田倫子サン、阿部朱梨サン。
やっぱりセンターは柴田紗希サンだね。
merは4周年で「4周年4月4都市 みんなに会いに行きますツアー」を開催するんだけど、

4周年目のmerのエースはこの5人ってことかな?
5周年目のmerはどんな風になってるかな?
まずは続いてることを祈るよ。

見出しは“ヘビロテ服を完璧にしたら、“少ない服”でオシャレが叶う!!今よりもっと!いつも着る服 かわいい化宣言 最強7着の着まわしワードローブ”
ワードローブってのは“その人の持っている衣装または衣装の組み合わせのこと”。
もともとは衣装たんすや衣装部屋のことだけど、クローゼットに7着しかないのもさみしいかな?
それで新しい服が欲しくなって、衝動買いしちゃうと、どの服にも合わなくて結局着ないとかあるから、服を追加するときにはコーデを考えて増やしていかないとね。
ただ、コーデのことだけ考えると、同じテイストの服ばっかり増えるのが悩みどころだよね。
2つくらいは自分のテイストを持ってるといいのかなって思うよ。

綴込付録は“merモデルのALL私服スタメンクローゼット”って表紙には書いてあるけど、実際は“all 私服 セルフスタイリング merモデルのヘビロテ厳選スタメン服発表♪厳選ワードローブで春の輝くコーディネート計画”
見出しが表紙と中身とで違うのはなんなんだろうね?
どっちが正解かわかんないよ。
今月号にワードローブとかクローゼットとかの単語が多いのは、そろそろ暖かくなって冬物と入れ替えをしないといけないからかな?
急に冬物着られないくらい暖かくなったよ。
merの提案通りワンシーズン過ごしてみるのも面白いかなぁ?

[2017/04/17 00:14 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム|