すイエんサー 「鬼ごっこ&長なわとびスゴ技SP」


SP回デス。
2016年4月5日放送の「逃げ足がすご~くUP!鬼ごっこ必勝法」と2015年3月24日放送の「長なわとびを超高速で跳びた~い!」の再編集版。
スタジオゲストには今年度からナレーションを担当している夏川椎菜サン、麻倉ももサン、雨宮天サン。

最近のアニメではよく名前を見かける有名な声優サンたちだね。
ミニコーナーでアフレコに挑戦していたよ。

今回の2つのテーマは偶然かもしれないけど、その年の新すイエんサーガールズが加入した回のテーマなんだよ。
たった2年なんだけど、もう芸能界を引退してるコもちょいちょいいるんだよねぇ…早い…。

再放送なので結論だけ紹介するね。

まずは、「逃げ足がすご~くUP!鬼ごっこ必勝法」
すイエんサーガールズは松山莉奈(りな)サン、其原有沙(ありさ)サン、齋藤茉日(まひる)サン、西川茉佑(まゆたん)サン、恩田乃愛(のんのん)サン。

鬼ごっこ必勝法!


逃げるときの鉄則、、、それは鬼をよく見て逃げる!

実は「鬼を見ないで逃げる」という人が意外に多く、誤って鬼が来る方向に逃げてしまうことも、、、
鬼がどこにいて、どこに向かっているのかをよ~く見ながら逃げましょう。

鬼をよく見て逃げるとき、、、必勝法は2つです。

①鬼が右ききのときは左回りに逃げる

右手を動かすとき、、、右方向は、およそ120度まで回りますが、、、


左方向は、およそ45度までしか回りません。

鬼が右ききのとき(右手でタッチすることが多いので)、鬼にとって左方向に逃げられると、鬼はタッチしづらくなります。

(右回りだと鬼はタッチしやすい)


(左回りのほうが、鬼はタッチしづらい)

つまり逃げる人は、鬼が右ききのとき、左回りで逃げるといいのです!

②鬼と向かい合ったら、鬼が腕2本分のとき、フェイントで逃げる
フェイントとは、スポーツなどで相手を惑わすための「見せかけの動作」のこと。
「見せかけの動作」で自分が動く方向を相手にわざと予想させ、その予想とは逆の方向に素早く動くことで、相手の意表をつくテクニックです。


鬼ごっこにおける効果的なフェイントのタイミングは、鬼との距離が腕2本分になったとき。
見せかけの動作によって鬼が1歩踏み出した瞬間、逆の方向に動くと、鬼の体重は片足にのっているので、すぐには方向転換できません。



フェイントの効果を最大にするタイミングは、1歩踏み出す前の瞬間、
つまり鬼との距離がおよそ腕2本分になったときなのです。


フェイントをかけるタイミングは「腕2本分」と覚えておいてね!

つぎに「長なわとびを超高速で跳びた~い!」
すイエんサーガールズは谷内里早(リサ)サン、井之上史織(しお)サン、荻野可鈴(かりん)サン、山田朱莉(あかりん)サン、小林玲(レイ)サン、福原遥(はるん)サン、荒川ちか(ちか)サン、宮原華音(かのん)サン、三上亜希子(あっこ)サン、岡田帆乃佳(ほのか)サン、山根千佳(ちかやん)サン、佐久間乃愛(のあ)サン

長なわとび「8の字跳び」のワザ

①「3時」で飛び込む


なわの回し手から見て6時の位置で飛び込むのではちょっと遅い。。。
そこで3時の位置のときに飛び込めば、余裕が生まれひっかかりにくくなる。

②片足で跳ぶ


両足で跳ぶと、なわの中で長い時間とどまることになり、次の人が飛び込むタイミングが遅れてしまう。
片足跳びで走り抜けるように!

③「8の字」を小さくする


8の字を小さくしてなわを短くすると、跳び手の移動距離が短くなり体力温存!スピードアップ!

さらに奥の手。。。それは「頑固オヤジとマザーテレサ」

チームで目標を達成するためには、 2つの役回りが欠かせない。
 頑固オヤジ:気が緩んだときに、しかりつけて、緊張感を与える
 マザーテレサ:失敗しても、励まして、盛り上げる


各自が2つのいずれかの役回りを行うことで思わぬ効果も!
それまでは自分が跳ぶことだけに集中してしまっていたがほかの人が跳ぶことにも関心が向くようになる。
結束力が高まるとともに、声を出して同じリズムをとる「同調」と呼ばれる効果も生まれる。

最初は1分間に54回しか跳べなかったすイエんサーガールズは最後の挑戦で84回に。
目指す100回は跳べなかったが、記録を大きく更新することができた。

みんなも挑戦してみてね!

[2017/05/02 20:53 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム|