LOVE ggg ラブジー 2019年1月号


表紙は岩本紗也加サン、マリリン福世優里サン、すうれろサン。
見出しが“日本人顔から外国人顔へ! 弱みを強みへ! 整形級メイク さーやが尊敬する美容系YouTuberが集結!! 奇跡のBEFORE→AFTER 史上最強♥詐欺盛りメイクLESSON”なので、この3人が詐欺メイクの方法を紹介してるよ。

こういうのってものすごく時間かかるだろうから、相当気合入ってないと毎朝ってわけにはいかないと思うけど、ここぞって時にこれくらい変身できる方法を身につけておくといいよね。
知り合いがすれ違っても気づかないくらいまでやりたいよね。
LOVE gggにやり方が載ってるけど、ちゃんと勉強したいならYouTubeの方見に行っちゃうだろうし、そうすべきだよ。
でも、YouTuberもいっぱいいるし、キュレーターとしてネットへ誘導するっていうのも紙媒体がこれから生き残る1つの方法なのかもしれないね。

[2018/11/17 00:53 ] | LOVE ggg |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2019年1月号


表紙は村濱遥サンと橋下美好サン。
merの中でも新しい2人だけど、ダントツでカワイくて、これからのmerの方向性さえ変えてくれちゃいそうな予感。
色素薄い感じに合った美しい表紙だと思いマス。
この2人を迎えたことで、merはまだしばらくは安泰なんじゃないかなぁ。
村濱遥サンは1年1ヵ月で表紙3回目、橋下美好サンは8ヵ月で初表紙。
早い表紙への抜擢は、読者の期待の大きさを感じさせるね。

見出しは“1パターンな女子じゃつまらない!! 毎日ちょっと新鮮でいたい いろんな私、どう作る?”
“ワンパターン”でなく、“1パターン”って書いてるのに意味があるのかと思って、特集のページ見てみたら“ワンパターン”って書いてあるし。
1月号だからかけてるとか、あえて数字を強調することで1つしか無いって言いたいとかあれこれ考えたけど、実際はスペースの問題っぽい。
merは結構な頻度で表記が揺らぐのが、なにげに気になるんだよね。
見出しでは“1パターンな女子「じゃ」つまらない”って書いてあるのに、目次では“1パターンな女子「は」つまらない”って書いてある。
ほんのちょっとの違いなんだけど、毎月どこかしらにあるんだよ。
ネット上の記事なら、わざといろんな表現にすることでちょっとでも検索に引っかかろうとするみたいな意図はあるのかもしれないけど、merは主に紙媒体だから単に統一が取れてないだけって感じする。
この後の綴込付録も目次では総力特集ってなってて、タイトルもそれぞれ違うし。
その辺をちゃんとして欲しいデス。
特集の話に戻すと、ワンパターンも嫌だけど、ベクトルの違うコーデを持つとそれぞれコーデが合わないから、服の数が異常に多くなるよね。
近めのテイストでワンパターンにならないよう、うまく着回せる方法を自分で確立できればそれが一番いいんだよ。
今回はシーンごとのコーデだから、服がいっぱい買えればそりゃワンパターンにはならないよねってのが感想。

綴込付録は“冬もうるつやでいたい 1日たった朝夜5分で女は変わる! マインド革命”
ちなみに表紙では“メイクもケアもなんだかうまくいかない人必見!!朝夜5分で女は変わる! ビューティマインド革命”
結構違うよね。
それで、たった5分って、その5分を作るのにどれだけ気合が必要か。
まずはそのマインドを革命しないと…。
5秒ならなぁ。
1日の中で何もしてない5分ってなかなかなくない?
何かで埋まってるから、その5分を作るためには“作ろう”って気持ちを高めるところから。
湯船に浸かりながらできることなら5分はなんとかなるかな?
寒くなってきたから、面倒くさい気持ちがいつもよりはるかに強いよ。

[2018/11/17 00:36 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
キラ☆ピチ 2018年12月号


表紙は大山蒼生(あおい)サンと瑞城さくら(さくら)サン。
2人とも着てるのはニット。
この冬はニットがアツいね。
そして2人は黒髪がキレイ。
できるだけ長く黒髪を維持してもらいたいよ。

あと、第6回キラピチモデルオーディションの募集がスタートしてるよ!!
気になるコはチェックしてみてね☆ミ

別冊ふろくは“すみっコぐらし キラキラ手帳セット”


セット1“キラキラ手帳”


セット2“スケジュールシール”


セット3“スタンプペン”


セット4“ミニ下じき”


とじこみふろく1“スペシャルキャラMIX手帳シール”

とじこみふろく2-1“すみっコぐらしクリスマスカード”


とじこみふろく2-2“もちもちぱんだ年賀カード”


[2018/11/15 00:16 ] | ピチレモン |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
nicola 2018年12月号


表紙は高1・宮原響(ヒビキ)サン&高1・川床明日香(アスカ)サン。
2人とも同じ事務所のアミューズ所属。
事務所の方針でSNSをやらないとこっていくつかあるよね。
アミューズもちょっと前は公認でやってるコは全然いなかったけど、最近はインスタだけなら解禁してきてるみたい。
やっぱり、ファッション系のモデルはSNSやってないと致命的だもん。
かといって何でもOKにしちゃうと、炎上が絶えなかったりして、それも困るからね。
でも、専属のファッション誌でしか見られないってのも貴重だから、紙媒体を買う理由にはなるかも。
一方で、SNSやってないとファンが増えないっていうジレンマもあるから、どうバランスを取るかは難しいだろうね。

見出しは“TWICEみたいな美脚&美肌になりたいコ大集合! JC的韓国冬ビューティーBDZ♥”
韓国コスメがある程度流行してるのはわかるんだけど、新大久保に行けないエリアのJC達はどうしてるんだろう?
各地域の大きい都市に買えるようなところがあるのかな?
それともネット通販?
どちらにしてもほとんどのJCには厳しい気もするなぁ。
でもそれは韓国コスメに限らず、ゴスロリや原宿ファッションなんかも同じか。
ディズニーランドなんかもみんな行ってるような錯覚に陥るけど、全国レベルでは行ったことがないってコは多いはず。
強い憧れが好きでいつづける原動力になるってことはあるよね。

ふろく1は“レピピアルマリオ カラフル文房具3点セット”

韓国コスメ付けてくれたのかと思ったら、文房具だった。
“リップ型蛍光ペン”“ネイル型蛍光ペン”“バイカラーペンポーチ”
カワイイけど、学校で先生に見つかったら、まず注意されるよね。
わざと先生に見つかって、蛍光ペンってアピールしたら、その後本物を持ち込むって手もあるカモ?

ふろく2は“レピピアルマリオ No.1冬ガールズブック”

表紙は泉口美愛(ミア)サン、濵尾咲綺(サキ)サン、黒坂莉奈(リナ)サン、若林真帆(マホ)サン、高田凛(リン)サン。
今月号のふろくはレピピ尽くしだね。

[2018/11/01 00:47 ] | nicola |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
|ホーム|