すイエんサー 「ハマグリ&カニをおいしく食べた~い!SP」


SP回デス。
1つは2015年12月22日放送の「オレ様を 道具を使わず 食ってみろ! byカニ大魔王」、もう1つは2015年4月14日放送の「ハマグリを身が下になるように焼きたぁ~い!」。
スタジオゲストはすイエんサーガールズの齋藤茉日(まひる)サン、佐久間乃愛(のあ)サン、岡田帆乃佳(ほのか)サン。


まずは「ハマグリを身が下になるように焼きたぁ~い!」。
すイエんサーガールズは佐久間乃愛(のあ)サン、谷内里早(リサ)サン、井之上史織(しお)サン。
再放送なので結論だけ。

ハマグリを身が下になるように焼くワザ


ハマグリの内部で貝が開かないようにしているのが貝柱です。

しかし、ハマグリを焼いたり、アサリを煮たりすると、貝は開きます。
これは熱によって貝にくっついている貝柱が離れるからです。
ではハマグリを身が下になるように焼くにはどうすれば?
実はトースターなどを使って 上から加熱すればよいのです!




でも、バーベキューなどではトースターなんてありません。。。
いったいどうすれば?

そこですイエんサーガールズは考えました。
ハマグリを焼いているときに貝が少しでも開いていると、熱が外へ逃げてしまう。
もし、貝を閉じたまま焼くことが出来れば、熱が外へ逃げません。
すると貝の内部で、上のほうにも熱が届くので上の貝柱もはずれるはず。




そこで行き着いたのがアルミはく。
貝が開いて熱が逃げないようにしっかり包んで焼く。




何度も焼いて調べた結果、6分焼いて1分蒸らすのが、身が下について、最もおいしく焼けることがわかりました。



みなさんも試してみてくださいね!

次に「オレ様を 道具を使わず 食ってみろ! byカニ大魔王」から。
すイエんサーガールズは谷内里早(リサ)サン、宮原華音(かのん)サン、志田友美(ゆうみん)サン。
こちらも再放送なので結論だけ。

カニを道具を使わずキレイに食べる方法 「脚」編


まずは「脚」の身の食べ方です。


脚をポキッ!っと折るのですが、「折る場所」と「折り方」がポイントです。

ポイント1
「脚を折る場所は、側の関節に近いところ」

カニの脚の身を食べると、身の中に透明のスジがありますよね。
このスジは「腱(けん)」といいます。


この腱(けん)は、脚先側は関節につながっています。
胴体側にはつながっていません。




そこで脚先に近いところを、ポキッ!っと折れば腱(けん)といっしょになっている身を殻からキレイに抜き出すことができるのです。




ポイント2
「脚の折り方は両手と親指の3点で」

モノを折るときに、2点で折ろうとすると大変です!(写真左)
3点で折れば、力を集中させることができるので折りやすくなります。(写真右)

 ↓ ↓ ↓


そこで、カニの脚を折るときも、親指を使って折る力を集中させるのがコツです。





さらに、、、
カニは、赤いところ(上側、表側)よりも白いところ(下側、裏側)のほうが やわらかいので、白いところが外側になるように持って折るともっと折りやすくなります。


道具を使って楽しくカニを食べる方法もあります!
1、関節の内側1㎝のところを両側とも切る
2、切り口が太いほうを下に向ける
3、お皿に向かって振り下ろす

振り下ろす際のポイント
写真のユージさんのように、片方の手を振り下ろし、片方の手で腕を抑えると身がより出やすい。
身の中に、スジ(けん)が残っているので気をつけて食べて下さい。

カニを道具を使わずキレイに食べる方法 「爪」編


カニの爪の身も、道具を使わず食べちゃいます!
使うのは、、、「カニのハサミ」です。


多くのカニのハサミの部分は獲物をつかんで、切ったりつぶしたりする役割があるため最も硬くなっています。



この“最も硬い”ハサミを使い「てこの原理」で力を加えることで小さい力で殻を割ることができるのです。



実際にすイエんサーガールズが挑戦すると・・・





ほら、こんなにキレイに身が取り出せました!


みなさんも、是非、試してみて下さいね!

最後にスタジオでエビの天ぷらのしっぽの身をキレイにとる方法を新たな調査にするって言ってたよ。
何か方法があるのかな?
関連記事

[2017/02/07 20:37 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<HR #042 2017年3・4月号| ホーム| nicola 2017年3月号>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/1004-f147c1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|