すイエんサー 「いちご大福を冷やごはんで作れ!ってさ」


今回のテーマは「いちご大福を冷やごはんで作れ!ってさ」
すイエんサーガールズは志田友美(ゆうみん)サン、荻野可鈴(かりん)サン、岡田帆乃佳(ほのか)サン。
冷やごはんでいちご大福の餅の部分を作るってことだよね。
いちごも餡も冷やごはんから作れたら奇跡。
いちご大福が作れるなら、そもそも大福でよくない?って思うんだけど、いちごジャムを使うってところがいちご大福を作る理由っぽいよ。

いちご大福の作り方(材料は冷やごはん)



【材料】4個分
冷やごはん 200g
あんこ 30g×4
いちご 4個
いちごジャム 25g
かたくり粉(打ち粉用) 適量

【作り方】
①冷やごはんをお湯で2分ふやかす


木べらなどでほぐすと こんなふうになります。


②ごはんをつぶす
(ざるなどでこすと、よりなめらかになります。)


③いちごジャムを入れて混ぜる


④電子レンジ(500W)で1分加熱し、軽く混ぜる


⑤生地の表面全体にかたくり粉をまぶす


⑥生地を4等分にして、あんこで包んだいちごを包む



完成!


みなさんも作ってみて下さいね!

ちなみに、、、
【お湯でふやかす理由】
お米にはアミロースという成分が含まれて、固さや歯ごたえを作り出しています。
(すイエんサーガールズが、もちつきのようについても、おこめ(ごはん)が つぶれなかったのは、このアミロースのためです。)


アミロースはお湯につけると溶けてしまいます。
だから、お米をお湯で洗ってアミロースを追い出せば、ごはんがつぶれやすくなるのです。



【いちごジャムを入れる理由】
いちごジャムには “ペクチン”という成分と、”砂糖”が含まれています。


ペクチンを つぶれたごはんの中に入れると、ごはんの間に入り込みます。



すると、ペクチンは、お互いにくっつきあう性質があるので、まるで のり のように、つぶれたごはん同士をつなげる働きをします。だから、おもちのようにねばりがでるのです。


一方、砂糖はちがった役目を果たします。つぶれたごはんは、そのままにしておくと、、、


水分が逃げてパサパサになってしまいます。


しかし、砂糖があると、砂糖は水とつながりやすい性質があるので、ごはんから水分が逃げるのを防げます。


果物のジャムには、ペクチンと砂糖が含まれているので、いちご以外のジャムでもOKです!
いろいろ試してみてね!

いちごが無い時でもいちご風味の大福を作ることはできそうだね。
関連記事

[2017/03/14 20:48 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<キラ☆ピチ 2017年4月号| ホーム| すイエんサー 「“すイエんサー流お魚図鑑”を作ろう!!チンアナゴ第2弾」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/1018-0b79c4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|