AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット ~あの頃、彼女がいたら~


見た瞬間に「買わなきゃ!」って思って買っちゃった。
AKB48が好きでも嫌いでも、服を作ろうと思っている人なら、絶対に役に立つ一冊!!
初期の頃、AKB48のステージ衣装を服飾の専門学校の学生が勉強のために作ってるって話を聞いたことあるけど、今はどうなんだろう?
人数が多いから、手伝ってたりすることはあるんだろうな。
ユニフォームのようなんだけど、個人個人のキャラクターに合わせてちょっとずつ変えてあったりするところがスゴいと思う。
それでいて、激しいダンスもあるから、動きやすさや通気性みたいな実用性も考えないといけないし、長期間使用するだろうから、強度もメンテナンスのしやすさも欠かせないだろうね。
服をデザインするときに、曲のコンセプトがあるってことはいいことだよね。
アニメのテーマソングでも映画音楽でも、元になる題材があるモノって、はっきりしない気持ちを歌う曲よりも名作が多いと思う。
服のデザインでも、機能性だけ考えても地味な服ばかりできてしまうだろうし、奇抜であることばかりを優先させてもコンセプトデザインってところにおさまってしまう。
だから、“誰が”“どんな目的で”“どんな風に”着るか明確であればあるほど、思いがけないモノができあがることってあるんじゃないかな?
AKB48 衣装図鑑 ”の帯のところにある4着の衣装なんかも、見ただけでどの曲の衣装かわかるし、MVが頭の中に流れてるよ。
曲が売れて多くの人が何度も見たからこれらの衣装が印象に残っているのか、衣装自体が傑作だから覚えているのかはわからないけど、普通に生活してるだけでは決して思いつかないモノだよね。
多分、ちゃんと全部の内容を読むのにものすごく時間がかかると思う。
メンバーごとにどう変化をつけてるのかとか比較してたりしたら、それだけで1日使っちゃうかも。
それくらい充実した内容です。

本に入りきらなかった衣装などは
http://akb48.tkj.jp/
で見られるらしいよ!!

関連記事

[2017/03/25 00:35 ] | その他 |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<すイエんサー 「目指せ10メートル!超長~いシャボン玉を作りた~い!」| ホーム| Ranzukiがウェブサイト「日刊Ranzuki」としてスタートしました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/1025-30360044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|