ピチレモン 2014年7月号 ピチモが教えます!体型カバー正解テクはコレだ~~~!!


2014年夏のトレンドを取り入れたいけど、実際、流行のアイテムを買えばOKってわけじゃないからその使い方を押さえておきたいよね。
今月号のピチレモンiにポイントが書いてあったのでおさらいします。

●すけアイテムは今イチオシトレンド♪
取り入れるだけで、コーディネートにヌケ感が生まれるので、「細く見える」こと間違いナシ☆

実際の服のサイズと透けて見える部分と比較するから細く見えるんだね。


●花柄は大花柄や小花柄など、バリエ豊富。
大花柄は、「目線を散らしたり、ハズしたりできる」優秀アイテムなので、おすすめ♡

目立つ柄は見せたいところに使うか、見せたくないところ以外に使うのが効果的ってことだね。
自分のコンプレックスをちゃんと理解するのも大切だね。


●ボーダー&ストライプは縦ラインが「美脚ラインを強調する」ほかトレンドのボーダーは「体のラインを目くらまし」!

ボーダーは太く見える分、細く見せたい部分との対比が出るようなコーデには効果的だね。
ストライプは細く長く見せたい部分に使えばいいよね。


●ジャンスカやサスペンダー付きスカートはスタイルアップに欠かせない「Iラインを作る」ので、カクジツに「背が高く見える」よ♪

Iラインシルエットはアルファベットの“I”の字のように全身で縦に長い長方形のシルエット。
身長が低かったり、メリハリのあるボディがコンプレックスだったり(周囲はみんないいな~とか言うけども)する人も多いと思うんだけど、真っ直ぐなラインをイメージして極力スレンダーな感じにすればある程度はファッションでカバーできるね。
逆に身長が高いのがコンプレックスな場合、目立たないようにIラインシルエットを強調するようなファッションをする人も多いけど、逆に身長の高さが際立っちゃうから注意が必要だね。


●最新トレンドのギンガムはカラバリ豊富。ブルーは大きめ柄、黄色はふんわりスカートなどをチョイスすれば「太ももだって気にならない」!

そろそろがっつりギンガムの服は「流行追ってます」感が半端ないので、使うならワンポイントくらいに留めたいね。
冬の千鳥柄もそうだけど、大流行しちゃった服は次の年着るのがちょっと恥ずかしい感じがしちゃうから、大流行したなぁと感じたら逆に長く着られそうな定番アイテムのを買うのがいいんじゃないかなと思いマス。
ボタニカル柄は流行を追っても来年も着られるんじゃないかなぁ?とひっそり期待していたりして…


●ヘッドアクセ、大きめモチーフのネックレス&イヤリングはマストアイテム。
バッグやストローハットも、視線ハズしにはもってこい♡

歩くたびに大きくゆれるイヤリングはモテに効果的って聞いたことがあるよ。
でも、目立つアクセサリーは記憶にも残りやすいから「また着けてる」って思われてるんじゃないかと不安になるんだよねぇ。
プチプラなら1回きりだけって割り切ることもできるけど、そこそこ値段のするアイテムは長く使いたいからシンプルなものばかりでなかなか冒険ができないよ。
話を戻すと、「小顔効果」をどう狙うかってことがポイントかな?
大きいものとの比較を使うか、揺れたり光ったりするのを使って視線をハズすか。
その辺りを意識してショッピングするのが良いと思いマス。
関連記事

[2014/05/31 19:19 ] | ピチレモン |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<nicola 2014年7月号 第18回ニコラモデルオーディション しめきりせまる6月20日(金)必着で!| ホーム| ピチレモン 2014年7月号 プレ祭り♪夏グッズプレゼント>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/225-91a37043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|