すイエんサー 「逃げ足がすご~くUP!鬼ごっこ必勝法」


すイエんサーガールズは全員新メンバーで中学生の松山莉奈(りな)サン、其原有沙(ありさ)サン、齋藤茉日(まひる)サン、西川茉佑(まゆたん)サン、恩田乃愛(のんのん)サン。

今回の鬼ごっこはすイエんサー特別ルール!!
コートは縦横15m×20mの長方形。
1人の鬼がすいガール5人を追いかけ、タッチされた時点でアウト。
コートの外に出る。
5人みんなが捕まるまでの時間を計る。

1回目の鬼ごっこのタイムは27秒89で30秒ももたないという結果に。
すイガールの多くが鬼ごっこでしてはいけないことをしていたんだって。
それは「鬼を見ないで逃げている」こと。

鬼ごっこ協会 理事 羽崎 貴雄 さん からの伝言
鬼ごっこをしている多くの子どもたちが鬼を全く見ないで逃げています。
私的には7~8割っていうところです。
これは実にもったいないことです!!
今回紹介する必勝法は鬼を見ないとできないんです!

バトンを右手に持って走る場合、左回りよりも右回りのほうが走りやすいんだって。

東京工業大学 人間行動システム専攻 丸山 剛生 准教授によると、右手を動かすとき、右方向は120度まで回るけど、左方向は45度までしか回らない。
だから、右回転でバトンを渡すときは、相手が右方向にいるから渡しやすいけれど、左回転のときは渡しづらくなる。

だから、鬼が右利きの場合、タッチする時も右方向に逃げた相手はタッチしやすいけれど、左方向に逃げられるとタッチしづらいってこと。

それを踏まえた2回目のタイムは32秒09。
少し延びたね。

次は、鬼と向かい合ったときにどうするか?
使うのはフェイント。
鬼ごっこで効果的なフェイントのタイミングは鬼との距離が腕2本分(鬼と自分の腕の分)になったとき。
見せかけの動作によって鬼が一歩踏み出した瞬間、逆の方向に動く。
鬼の体重は片脚に乗っているから、すぐには方向転換できなくて止まってしまう。
フェイントの威力を最大にするタイミングは、一歩踏み出す前の鬼との距離が腕2本分になったとき。

3回目のタイムは56秒43。
1回目の倍くらいの時間に!
明日は鬼ごっこする子がいっぱい現れそうだね。

鬼をよ~く見て逃げる必勝法

①鬼が右利きのとき左回りに逃げる
②向かい合ったら鬼が腕2本分のときフェイントで逃げる!

鬼ごっこ必勝法!

まず逃げるときの鉄則!それは 鬼をよく見て逃げる!

意外にも鬼を見ないで逃げる人が多く、鬼が来る方向に逃げてしまうことも、、、
鬼がどこにいて、どこに向かっているのかをよ~く見ながら逃げましょう。

鬼をよく見て逃げるとき、、、必勝法は2つ。

①鬼が右ききのときは 左回り に逃げる

右手を動かすとき、、、右方向は、およそ120度まで回りますが


左方向は、およそ45度までしか回りません。


鬼が右ききのとき(右手でタッチすることが多いので)
左方向に逃げられると鬼はタッチしづらくなります。
(右回りだと鬼はタッチしやすい)

(左回りのほうが、鬼はタッチしづらい)

つまり 逃げる人は、鬼が右ききのとき、左回りで逃げるといいのです!

②鬼と向かい合ったら 鬼が腕2本分のとき、フェイントで逃げる

フェイントとは、スポーツなどで相手を惑わすための「見せかけの動作」のことです。
見かけとは、逆の方向に素早く動くことで、相手の意表をつくテクニックです。


鬼ごっこで効果的なフェイントのタイミングは鬼との距離が腕2本分になったとき。
見せかけの動作によって鬼が1歩踏み出した瞬間、逆の方向に動くと、
鬼の体重は片足にのっているので、すぐには方向転換できません。


フェイントの効果を最大にするタイミングは、1歩踏み出す前の瞬間、つまり鬼との距離がおよそ腕2本分になったときなのです。


フェイントをかけるタイミングは「腕2本分」と覚えておいてね!
関連記事

[2016/04/05 20:01 ] | ピチレモン |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<すイエんサーガールズ~「スーダラ節」1分バージョン~| ホーム| mini 2016年5月号>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/869-69f396cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|