すイエんサー 「工場でゲット!パリパリあつあつポテチの裏ワザ」


今回は新企画のということで、ポテトチップス工場に潜入。
極上ポテトチップスをウチでも作るのがテーマです。
すイエんサーガールズは山根千佳(ちかやん)サン、荻野可鈴(かりん)サン、山田朱莉(あかりん)サン。
電子レンジでポテトチップスを作るのとかあるよね。
油で揚げるとなかなか売ってるモノみたいにはならないけど、やっぱりコツってあるんだって。

まず、水気をとって油で揚げるだけだと焦げてしまう。
焦げる原因は「糖」
トーストでもポテトチップスでも焦げ目は糖につくらしい。
砂糖もずっと熱してると茶色くなるしね。
だからスライスしたじゃがいもをお湯で洗えば、表面の糖が溶けて流れる。
こうすれば高温で揚げても焦げづらくなるんだって。

次に、油での揚げ方。
一気にいっぱい揚げると、じゃがいもの水分で油の温度が急激に下がる。
そうすると、じゃがいもの表面がいい感じに色づいてきても、中までは温まらずに水分が蒸発しないで残ってしまう。
水分が残ったままだと出来上がったポテトチップスはへにゃへにゃに。
だから、油で揚げるときは油の温度が下がらないように少しずつ上げれば、じゃがいもの中の水分が蒸発してパリパリに仕上がるってワケ。

ウチではポテトチップス作れないと思ってたけど、こういうのを見ると早速作ってみたくなるね。

すイエんサー流ポテトチップスの作り方


【用意するもの】
ジャガイモ、油、スライサー、キッチンペーパーなど、温度計
※油で揚げる時には、取り扱いに十分注意してください。 
 (ヤケドしないようにね!)

【作り方】
①ジャガイモをスライサーでスライスする


②スライスしたジャガイモを2分ほどお湯で洗う


③十分、水けをふき取る



④油を180度に熱する


⑤少しずつ揚げる



塩など、お好みの味をつけて、、、


できあがり!!


作り方のポイントは
②スライスしたジャガイモをお湯で洗う と
⑤少しずつ揚げる
です。

●お湯で洗うわけ
スライスした ジャガイモをそのまま揚げると、焦げやすくなります。


ジャガイモには糖(とう)という成分が含まれていて、
これが焦げる原因です。
(食パンを焼いたときに、茶色くなるのも糖があるためです)
そこで、焦げるのをふせぐために、ジャガイモの糖をお湯で洗い流すのです。


●少しずつ揚げるわけ
ジャガイモを油で揚げるのは、温度を高くして、ジャガイモの水分をなくす(少なくする)ためです。
しかし、たくさんのジャガイモを一度に油に入れると、油の温度が下がってしまい
ジャガイモの中の水分が残ったままになってしまいます。
(パリパリにならず、ヘナヘナ~になってしまう!)


そこで、油の温度が下がりにくくなるように、少しずつ揚げるのです。
関連記事

[2016/04/19 20:02 ] | ピチレモン |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<JS♡ガール 2016vol.32| ホーム| KERAケラ!2016年6月号 ぴかりんはお団子カバーが気になる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/877-d2abdcec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|