すイエんサー 「ちょい技でスポーツが劇的にうまくなっちゃうゾ~!SP」


SP回デス。
スタジオゲストはすイエんサーガールズの谷内里早(リサ)サン、山根千佳(ちかやん)サン、岡田帆乃佳(ほのか)サン。

SP回なのでおさらいだけ。
1つめは2015年12月8日放送の「バドミントンのラリーがたった3つの方法で 超長~く続いちゃった!」
すイエんサーガールズはすイエんサーガールズは岡田帆乃佳(ほのか)サン、前田希美(まえのん)サン、荻野可鈴(かりん)サン。

3つの方法
1つめ シャトルをラケット越しに見て打つ

2つめ シャトルが急降下するので思っているより前で構える
シャトルの飛び方を予測しなければいけないのは受ける側だけではありません。
シャトルを打つ側も急降下することを考えて相手の頭上を越すくらいの気持ちで強めに打つ。

3つめ ラケットを横に持ってわなげのような動きでサーブを打つ
サーブを正確に打つためには目線が重要!
サーブを下から打ったり、上から打ったりすると打つ瞬間に相手が視野から外れてしまうため、狙ったところに打つのが難しい。
だが、相手を目で見た一直線上にラケットとシャトルの両方が入るわなげスタイルなら相手から目をそらすことなくサーブを打つことができる。

バドミントンのラリーを長く続ける方法

ポイントは3つです。
①ラケットの面ごしに羽根を見て打つ
②思っているよりも前で構える
③サーブは「輪投げ」のように

①ラケットの面ごしに羽根を見て打つ
こんな感じです。
   ↓ ↓ ↓



目の前で打つことが出来るので、まっすぐ、確実に打ち返せるようになります。

②思っているよりも前で構える
バドミントンの羽根は、飛んでいるときに空気の抵抗を大きく受けて遅くなり、予想以上に前に落ちます。

普通に構えて羽根が落ちてくるのを待っていると、意外に前のほうに落ちるので、あわてて走り出しても間に合いません。。。
そこで、思っているよりも前で構えるのです。

③サーブは「輪投げ」のように
打つときにラケットの面と狙う場所を、目線をそらさずに見ることができれば狙い通りのサーブは打ちやすいのです。

しかし、上から打つ、あるいは下から打つと打ちたい方向から目線がそれてしまいます。

そこで(輪投げのように)ラケットをバックハンドで構え胸の前あたりで打つようにすればサーブを狙う場所とラケット面を目線を大きくそらさず見ることができます。



打ち方はこんな感じです。
   ↓ ↓ ↓

皆さんも試してみてくださいね。

2つめは2015年1月20日放送の「テニスのサーブを狙った所にビシッ!と決めた~い!!」
すイエんサーガールズは山田朱莉(あかりん)サン、関紫優(しゆう)サン、谷内里早(リサ)サン、前田希美(まえのん)サン。

まずはサーブの基本。
初心者は確実にボールに当てようとして、自分に近い位置で打とうとする。
すると、肘が曲がり、ラケットの面が上向きになるため、ホームランを打ってしまう。
しかし、太鼓を叩くように腕を斜め前にピーンと伸ばして高い位置で打てば、サービスエリアに入りやすくなる。
また、トスを上げる時は左腕の肘と膝をピーンと伸ばすと安定してボールが上がる。

次はコート上に置いたペットボトルの的にサーブを当てる方法。
ペットボトルまでの線を意識して、その上に両足を置いて構えれば、体重移動がしやすくなる。
するとコントロールがアップする。
関連記事

[2016/06/07 19:57 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<HR #038 2016年7・8月号| ホーム| nicola 2016年7月号 ニコ☆プチからきたわ♥大人っぽく見えて、剣道がんばる盛り上げキャラ!涼凪、ニコモになりました!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/900-42ebee20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|