すイエんサー 「みんなのギモンを大解決!SP」


今回のテーマは「みんなのギモンを大解決!SP」。
スタジオゲストは岡田帆乃佳(ほのか)サン、谷内里早(リサ)さん、山根千佳(ちかやん)サン。
SP回なので1つめのテーマは2014年1月6日放送の「みんなのギモンを解決できるか?ハ~クションをどうにかした~い!」の再編集版。
すイエんサーガールズは江野沢愛美(まな)サン、谷内里早(リサ)さん。

すイエんサー流くしゃみをとめる方法


愛媛県立医療技術大学の脇坂さんによると、
くしゃみは、鼻の中に入った異物や鼻水を外に出す反射運動で、
三叉神経(さんさしんけい)という神経から脳に信号が送られてくしゃみがでる、とのこと。

三叉神経は脳につながる直前のところは1本になっていて、3つに枝分かれしている。


額(ひたい)のあたりが1番と呼ばれている。


目の下から上くちびるのあたりまでの高さのところが2番。


下あごのあたりが3番。


そこでくしゃみのムズムズよりも強い刺激を三叉神経に与えれば、くしゃみを防げるのではないかと考えました。
まなが試したのは、、、
「息を止めて、鼻の下(上くちびる)をつねる」

すると、くしゃみを止めることができました。
これは2番に強い刺激を与えることになったためのようです。


さらにリサが考えたのは1番の神経に強い刺激を与えること。

その方法は「息を止めて、額(ひたい)をコンコンたたく」

すると、、、
くしゃみがとまった!


大成功!!!


みなさんも、おためしあれ。


すイエんサー流かわいいくしゃみをする方法

愛媛県立医療技術大学 脇坂 浩之 教授からの伝言
くしゃみは本来、鼻にある異物などを空気の力で勢いよく吹き飛ばすための反射運動。
鼻からだけでなく、口からも空気を出したほうが勢いが小さくなりやすく、かわいいくしゃみができるかも。
しかし、口を大きく開けたままくしゃみをするのはとても難しいんです。
そこでオススメするのは口を「イ」の形にしてくしゃみをする方法です。

2つめのテーマは2015年8月4日放送の「ババ抜きでババを引いたとき なんで思わず笑っちゃうの~?」
すイエんサーガールズは佐久間乃愛(のあ)サン、山田朱莉(あかりん)サン、小林れい(レイ)サン。

東京女子大学 髙木 幸子 博士 からの伝言
人が「ウソの表情」を出すパターンは主に3つあります。
1つは、なにも感じていないのにわざと表情を作る「擬態」。
2つめは、なにかを感じているのにわざと表情に出さない「中立化」。いわゆるポーカーフェイスです。
3つめはおもしろかったり、たのしかったりするわけではないのに笑ったりする「隠ぺい」。

ババ抜きの場合も本当の表情とは異なる表情を浮かべる「隠ぺい」が無意識のうちに行われていると考えられます。

ババを引いたときの笑顔をなくすには、カードを引くたびに変顔をすればいいらしい。
関連記事

[2016/07/05 19:55 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<すイエんサー 「知力の格闘技 東日本マイスター対決」| ホーム| nicola 2016年8月号>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://girlsfashionmagazine.blog.fc2.com/tb.php/914-ef13d85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
|ホーム|