mer 2018年2月号


表紙は柴田紗希サン。
なんだかスゴくイイ女風な雰囲気出してるけど、方向性合ってるのかな?って気がする。
merってスクールカーストで言うところの中層から下層向けで、上位層から目をつけられてマウンティングに巻き込まれることのないよう、個性的なカワイイを追求して擬態するファッション誌だと思ってるから、こういう上位層と競うような雰囲気は危ないんじゃないかと。
アッパークラスのファッション誌と比べると、やっぱり垢抜けないコーデなんだよね。
調べてみればやっぱりコートもワンピースも古着。
どことなくもっさりしてて、今風じゃない。
地味でちょいダサな中にかわいさを見出すだけで、良いとか悪いとかの話じゃないよ。
ただ、いつもメイクをバッチリ決めて、オシャレ全開な人とは人種が違うってだけ。
たとえば、merのコーデでオフィシャルなパーティーに参加できるか?って言われれば、やっぱりほとんどの人が無理って言うんじゃないかな?
パーティーみたいな場所は居心地が悪いのがmerの主な読者層なんだと思う。
なので、今月号の表紙を見た時にちょっとイラッとしました。
柴田紗希サンを知った頃はアジア風のワンピースばっかり着てる感じだったのに、人の好みって変わってゆくものだなと。
もうちょっと読者層に近い雰囲気がいいと思いマス。

見出しは“2018年までヘビロテ確実♪着まわしBESTクローゼット”
今から2018年まで2週間くらいしかないけど、2018年末までってコトじゃないよね?
見てみたら着まわしに使うアイテムは10着。
“この冬マストな10着を大発表”だって。
2週間なら多いくらいだね。
“この冬”ってワードがあったから、多分、今の冬のシーズンの着まわしだと思うけど、2018年までってのは伝わりづらいよね。
そして、この特集ページを良く読んでみたら、10着のアイテムってのは「ふわもこ」「ムートンコート」「キルティングコート」「デザインニット」「あったかボトムス」「グレンチェック」「モカ」「リラックスワンピース」「ベレー帽」「ベルト」で、柄とか色、帽子やベルトみたいなオプション類が入っててもうメチャクチャ。
10着じゃなくて10のキーワードとか言えばいいのに。
今月号はなんだか慣れてない人が作ったような印象。
だとすれば、表紙の違和感もすべて説明がつく!!
そうだ!そうに違いない!!

綴込付録は“モデル・読者総勢1000人が選んだ!!ほんとうに使えるコスメ 2017 BEST COSME大賞”
1000人ってmerはいつも数で圧倒してくるね。
今年も新しいコスメがいっぱい発売された。
定番として残っていくもの、消えていくもの、いろいろあると思うけど、自分が気に入ってるのが手に入らなくなるのは本当にショックだよね。
一方で、一度も使ったことのないコスメの方が多いだろうから、人からのオススメを聞いて自分に合うのを探すのも大切。
自分の好みだけで選ぶと、世界は狭くなるよね。

[2017/12/16 00:20 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2018年1月号 第5回merモデルオーディショングランプリがついに決定!はじめまして、村濱 遥です。


第5回merモデルオーディショングランプリがついに決定したよ。
名前は村濱 遥(むらはま はるか)サン。
merのモデルとしてはキレイすぎる気も…。
そんなこと言ったら今いるmerのモデルさんたちに失礼だよね。
どのくらいで表紙まで行けるのかが楽しみだね。
もう来月号の表紙の可能性も?!
口を大きく開けてる笑顔が素敵な人だと思います。


・PROFILE・
生年月日 1996年4月1日
身長 162cm
血液型 o型
起きて一番にすること コーヒーを淹れる
好きな季節 秋
好きな言葉 なるようになる!
コンビニでよく買うモノ ファミチキ







[2017/11/17 01:12 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2018年1月号


表紙は村田倫子サンと柴田紗希サン。
柴田紗希サンは1年連続で表紙だそうです。
なかなかできることじゃないよね。
ただ、最近は表紙見ただけでは新しい号かすぐに判断できなくなってる…。
先月号はたしかロゴが緑だったから今月号だよねってちゃんと確認しないと買う時不安。
なんだか既視感がハンパないんだよね。

見出しは“冬のコーディネートルール教えます!朝、服に迷わない6つの法則”
朝、コーデに迷う時間がなければ家をもっと早く出られるのにってことは多いよね。
冬に限らず1年中、朝に迷わない法則を教えてほしいよ!!
個人的には持ってるアイテムのテイストを近いものに統一しておくのが一番いいと思うよ。
違うテイストのものが混ざってるとムダってわかってるのに合わせてみて、結局ダメだって感じで時間をロスしがち。
テイストが近いと適当に手にとってもそこそこ安定したコーデにはなるんだよね。
たまには違うテイストにも挑戦とか思うと、アイテムが爆発的に増えるんだなぁ。

綴込付録は“ふだんヘアアレしない人必見!!誰でもできるヘアアレンジA TO Z保存版”
頑なにヘアアレしない人っているよね。
“私にはこのヘアスタイルしか似合わない”って思い込んでる感じの。
たまには変えてみればいいのに、もったいないなーって思う。
多分、個人的な事情を抱えてるとは思うんだけど、ココロが縛られてるようにも見えるんだよねー。
自分を変えたいと願うなら、まずはヘアスタイルから変えてみるっていうのはアリだよ。

[2017/11/17 00:47 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年12月号


表紙は柴田紗希サンと辻千恵サン。
今月号merのロゴとか背表紙が深緑色だから、雰囲気が違う。
いつもは濃いとか薄いとかあってもピンク系だったから、意外な試み。
これからはいろんなカラーリングになるのか、今月号だけ、もしくは冬の間は落ち着いたカラーになるのかどっちなんだろう?
個人的にはいろんなカラーのmerがあってもいいと思う。
柴田紗希サンのビッグシルエットなニットかわいいなぁと思って調べてみたら古着だって。
表紙で古着が許されるファッション誌はmerくらいじゃないかな?
もともとmerへのリニューアル前は“古着MIXガールズ”だったから、その精神は今でも引き継がれてるんだろうね。
でも、欲しくても買えないっていうのはもどかしいところだよね。

見出しは““トレンド”も“私らしさ”も叶えてくれる最愛の味方 着まわせるニット一着でおしゃれ劇的映え”
今週はずっと雨で、いきなり冬の気候だから、ニット引っ張りださないといけなくなったけど、コーデのスケジュールが狂うから、新しいニットも買わないと。
まさかmerも発売する週に激寒になるとは思ってなかっただろうけど、ベストなタイミングでの特集は持ってるって感じするよね。
古着屋さん行ったら柴田紗希サンが着てるようなニット見つかるかな?

綴込付録は表紙では“私をキラキラ輝かせてくれた運命の1着はコレ!!モデル・インスタグラマー・ファッション業界人が選んだ超ヘビロテ服#絶対買い”、目次では“古着、プチプラ、LOVEブランド“一枚で即オシャレ”なイチ推しをモデルが公開!!#かわいすぎ 運命のヘビロテ服”って特集。
統一感が全く無くて同じ記事とは思えないから、ちゃんと揃えてほしいよね。
だけど、この特集自体はとっても良記事。
表紙に“●表記アイテムはすべてモデルの私物となります。価格はモデルの申告によるものです。”って書かれてるところに好感が持てる。
つまり、この綴込付録の部分はブランドの影響が及ばない、モデル発信コーナーって見方もできるよね。
本当の私服・私物ってことだから、好きなモデルさんとかがいたら最高だね。
大好きなタカハシマイさんも1ページあるから嬉しいよ!!
よく見て研究しよっと。

[2017/10/17 00:55 ] | mer |コメント(1)|トラックバック(0)|page top
mer 2017年11月号


表紙は村田倫子サン、柴田紗希サン、辻千恵サン。
いつもの雰囲気過ぎて、買おうとする時にコレって最新号?って一瞬迷ったよ…。
そろそろ表紙の感じを新しくしないと、同じような人が続出してる気もする。
肌の色と同系統だからよく見ないとわからないけど、辻千恵サンがかけてるカオリノモリの丸眼鏡よさそう。
今、丸眼鏡欲しいなぁって思ってるところなんだ。
よく見たら、3人とも同じ柄のアイテムを身に付けてる。
ユニクロイネス・ド・ラ・フレサンジュコラボのだった。
千鳥格子の時みたいに流行るかな?

見出しは“絶対買い!!の最旬トレンド服厳選しました!! #6か月着まわしできる秋最強コーデ決定版”
6か月着まわしできるってなかなかだね。
学校の制服じゃないんだから。
ファッション誌的には服を買ってほしいのか、同じ服を長く着まわししてほしいのかどっちなんだろうね?
ファッション誌買う層はもうちょっと服買えるんじゃないかなぁ?って思うよ。
それとも、服を買うお金を節約させてあげるからmer買ってねってことなのかな?
実際は次のmerが発売するまでの1か月~2か月着まわしできるくらいでいいよね。

綴込付録は“もっともっと秋小物で第一印象ほっこり女子♡”
小物はいいよね~。
ネット通販よりも、実際にお店で見たりするのがいい。
そろそろお店めぐりするのにもいい気候だし。
台風とか雨とか無い日なら最高!!
3連休は台風来てるから外に出られなそうだけど…。

[2017/09/16 00:23 ] | mer |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<前のページ |ホーム| 次のページ>>