nicola 2018年3月号


表紙は宮原響(ヒビキ)サン、黒坂莉那(リナ)サン、濵尾咲綺(サキ)サン。
リナサキは初表紙。
今月号は表紙の3人の特集も組んでる力の入れよう。
そろそろ次期エースの育成開始ってトコかな?

見出しは“何を着ればおしゃれになれるか全部答えます!大人気春ブランドに100質 プレゼント!!”
100質って何に質問するのかと思ったら各ブランドのプレス担当者に直撃してるんだって。
やっぱり、自分のところのブランドの良さを一番わかってるのはそこのブランドの人たちだよね~。
これは良企画。
毎号やっててもいいくらいの内容だよ!!
どういう意図でそのアイテムを作って売ろうと思ったのか、そこがわかれば合わせ方も見えてくるよね。
もっと言えば、プレスの人より、デザイナーさんの話を聞いてみたい。

ふろくは2月の女のコ 応援ふろく!大好評のカノンコラボ第2弾!“ピンク ラテ×カノンコラボ バニティポーチ”

ピンク ラテだから、ピンクなのは当然なんだけど、これは良いピンク。
どこまで香音(カノン)サンが担当してるんだろうね?

“チケット柄はリアルっぽくした”とか“スタンプはカノンのアイディア”とか書かれてるから、チケット柄やスタンプのデザイン辺りは確実だと思う。
素材や形状、色なんかはどのくらいまで指定できるものなのかな?
そういう現場には興味ある。
表紙の3人もよく見たら1アイテムはピンクだね。
よく考えられてるなぁと素直に感心。
そういう統一感はとっても大切だと思うよ。

[2018/02/01 00:32 ] | nicola |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
すイエんサー 「ご当地キャラを救え!ナゾときin福岡」(後編)


前回の前編からの続きデス。
捕らわれたゆるキャラ“ふくおか官兵衛くん”を救出するため、ナゾを解きますよ!!
前回と同じく、福岡市科学館の公開収録に参加したすイエんサーガールズは松山莉奈(りな)サン、其原有沙(ありさ)サン、平塚麗奈(れいな)サン、西尾美恋(みこりん)サン。
ナゾのVTRに登場する特別調査隊は佐久間乃愛(のあ)サン、齋藤茉日(まひる)サン、恩田乃愛(のんのん)サン。

3問目は柳川のこたつ船。
出題するのはばってん少女隊ありさサン。
ナゾは“熱くないのにあたたまる!?コタツのヒバチ”
こたつの中に入っていた火鉢は上だけ熱くて外側は冷たいんだって。
その理由は炭の熱を灰が熱を遮ってるから。
実は灰とは草や木が燃えた後の燃えカス。
残っているのは燃えにくい成分だけ。
さらに、燃え残った灰の中には小さな隙間ができ、そこにある空気に遮られて熱が伝わりにくくなっている。
だから、コタツの中に入っていてもやけどの心配がないんだそうです。
3枚目のお札は“はい”
これでふくおか官兵衛くんの左足の封印が解けた。

4問目はラッコのナゾ。
ばってん少女隊さくらサンが出題するナゾは“なぜマナちゃんは寒い海でもあたたかい?”
早速、ラッコのマナちゃんに会いにマリンワールド海の中道へ。
ラッコが生息しているのはアラスカなど寒い海。
まず、すイエんサーガールズはマナちゃんにエサをあげることに。
マナちゃんが食べるのはイカ20匹にサケなどの魚の切り身、そしてホタテ30個。
1日に食べるエサの量はだいたい4キロ。
いっぱい食べることで体温を上げているというのが1つの理由。
もう1つ理由があって、それは体を掻いたり回ったりして毛の中に空気を入れるということ。
ラッコは1平方センチメートルに10万本も密集していて、生き物の中で最も毛の密度が高いと言われている。
よく見ると長い毛の下に短い毛がびっしりと生えて、皮膚が見えないくらい。
ラッコは長い時間海の中にいるので、冷たい水が皮膚に触れると体温が下がってしまう。
そこで、毛の間に空気を含ませることで、冷たい水が直接皮膚に触れないようにしている。
しかも、空気があると体の熱が外に逃げにくくなるので、寒い海でも温かいってワケ。
鼻を押し付ける行動も、実は鼻息を直接吹き込んで毛の中に空気を入れてるんだって。
というわけで、4枚目のお札は“くうき”
これでふくおか官兵衛くんの封印が全部解けた。

残るはカギの場所なんだけど、4枚のお札を重ねると見えるという不思議な仕組み。
出てきた文字は“ステージの下”
ステージの下を探すとカギを発見!!
無事にふくおか官兵衛くんの救出に成功。
ちっちゃい頃に参加してたら大興奮だったんじゃないかと思うよ。

[2018/01/30 20:41 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
すイエんサー 「ご当地キャラを救え!ナゾときin福岡」(前編)


2017年10月10日に放送した「ご当地キャラを救え!ナゾときin栃木」の第2弾。
今回は福岡で、捕らえられたゆるキャラは“ふくおか官兵衛くん
福岡市科学館の公開収録に参加したすイエんサーガールズは松山莉奈(りな)サン、其原有沙(ありさ)サン、平塚麗奈(れいな)サン、西尾美恋(みこりん)サン。
ナゾのVTRに登場する特別調査隊は齋藤茉日(まひる)サン、佐久間乃愛(のあ)サン、恩田乃愛(のんのん)サン。
毎回、ご当地キャラが捕まるのはお約束なのかな?
ふくおか官兵衛くんは檻に閉じ込められ、さらに4枚のお札を貼られ身動きができないようにされてしまった。
16枚貼られているお札の内、ナゾを解いてふくおか官兵衛くんを封印しているお札4枚をはがし、そして檻の鍵を見つけるっていうルール。
今回解くナゾは前回と同じ4問。
前後半に分かれているので、今回は2問だけ。

1問目を出題するのはばってん少女隊あいサン。
ナゾは“つぶさず食べる!?福岡名物明太子”
明太子の原料はスケソウダラの卵。
味付け前の卵は明太子のようにつぶつぶしてなくて、とろ~っとしていて苦いみたい。
調味液に漬けると苦味を抑え、プチプチするのかっていうと、それだけじゃ足りないんだって。
実は、調味液に漬ける前に塩水に漬けること。
スケソウダラの卵は膜が薄いからべちゃ~っとしている。
それを塩水に漬けると、塩が卵の膜にあるタンパク質を強く結びつける。
すると、膜が硬くなってツブツブ感が出るってワケ。
さらに、膜が硬くなると食べるときに潰れにくくなるから、卵の苦味が口の中に広がらず、美味しく食べられるんだってさ。
1枚目のお札は“しおみず”
これで左腕の封印が解けた。

2問目はセーラー服発祥の地福岡女学院からばってん少女隊そらサンが案内。
1921年、当時生徒たちは和服を着ていたのだが、当時の校長リー先生がより動きやすいようにと制服として採用。
ナゾは“セーラー服のヒミツ 実は機能的な○○!?”
セーラー服がもともとどんな人たちの制服だったのかがわかればナゾが解けますとのこと。
sailor=船乗りなので、もともとは船乗りのための制服。
船の上は波や風など雑音がいっぱいなので、そこで大きなエリを立てると周りの雑音を遮り、聞きたい方向の音だけを集めることができる。
だから現在のセーラー服のデザインになったと言われている。
この機能的な大きなエリ、それがファッションとして受け継がれ、女子学生の制服になっているというワケ。
2枚目のお札は“えり”
次は右腕の封印が解けて、両手の封印が解かれることに。

続きは次回だよ。

[2018/01/23 20:31 ] | ラブベリー |コメント(0)|トラックバック(0)|page top
<<前のページ |ホーム| 次のページ>>